既に冷えてしまった足に靴下を繰り返し履きしても結構温まらないものですが、外から意気込みをあげると、収縮していた血管がもうすぐ拡張して、じわじわと温まります

寒気が手強い実態、知覚も鈍化していることが多いので、くれぐれも低温火傷にはごお知らせ下さい。

その② マッサージで血行促進

つま先の寒気は、血行を改善すれば自然と解消されます。5分~10分くらいかけて足指から足部へ、足部から足関節、足首からふくらはぎ、膝奥…下位から上述へと、丁寧に揉みほぐす感じでマッサージします。やがて血行が改善されて、温まって現れるのを実感できると思います。

また、ヨガや散策、ストレッチングなどの運動をすることでも血行が促進され、つま先の寒気を改善できます。たとえばプロセスの上り下りや、その場での歩行運動でも、充分効果が見込める。他には、下半身に溜まった血液を重力を利用して心臓に送り返す、垣根倒立や足高めも安心かつ効果系統です。

都度日少しずつでもマッサージや運動を講じる伝統をつければ、代謝ものぼり、抜本的な風習改善にもつながります。

その③ ランチタイムで身体を内側からあたためる

東洋医学では、メニューは身体をあたためる「陽性のメニュー」、身体を冷ます「陰性のメニュー」、どちらでもない「中庸のメニュー」という分仲間があります。ここで言う「陽性のメニュー」を積極的に摂取するため、身体を内側から温め、寒気を改善することができます。

陽性のメニューの見本としては、しょうが、にんにく、ネギ、ニラ、唐辛子、かぼちゃ、人参、カブ、ゴマなどが挙げられます。ただし、陽性のメニューばかりを大量に摂取すれば良いというものではありません。ばらまきの良いランチタイムの中に、うまく取り入れて下さい。すぐに作れて温まるものでは、「蜂蜜ジンジャー」や「生姜湯」がお薦めです。ヴァーナルの口コミを検証した結果…